献金について(その9)

-献金の概念が変わる-

« 植竹牧師の「それでもまだ言い足りない」

■ 献金について(その9) -献金の概念が変わる-

「柴の木学舎」に関しては、いま書くべきでないと思うので割愛するが、本当によく協力して下さった当時の教会員には、どんなに感謝してもしきれない。深い感謝を申し上げずにはおられない。感謝します。

そして私自身、多くを教えられた。とくに、事業ということをしたことのない私に、事業の苦労を教えてくれた。そして「献金」の概念も変わった。「十分の一」どころか、収入の十分の二十もささげなくてはならない。それでなければやっていけない。それで市場へ働きに出た。

やがて夜逃げ同然、敵前逃亡と言われたが、学舎の前の渓流を渡った山の中に祈り場をつくり、枯れ木の梢に冬の空を眺める頃から、若葉、青葉、紅葉が散るまで、毎日、お詫びしては信じ、信じてはみこころを確かめ、責任の取り方、退任の仕方を瞑想した。それで主の導きを確信して、まだ枯れ葉の少し残る雑木林に別れを告げた。敵前逃亡、戦場離脱は思いつきではなかった。

大変失礼な言葉だが、牧会の重荷からのがれた生活は夢のようだった。二人で働いているのだから、面白いほど献金もでき、古い喫茶店の2階の礼拝も、前任教会員以外の方で結構にぎわってくる。愚かにも私は、この程度の伝道で、奉仕で、十年はやっていこうと考えていた。

献金で生活しないでいい、ということは、正直言って最高の平安、安堵、喜びでさえあった。真冬の市場の寒気が、一度も行ったことのないスキー場に似て楽しかった。